07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/27(Fri)

二番目のキス

「侍Japan」のWBC優勝で、まだまだ興奮冷めやらぬ日本。

WBCと聞いて思い浮かぶもの...

 WBC
 ↓
 優勝
 ↓
 MVP
 ↓
 松坂大輔
 ↓
 ボストン・レッドソックス

ボストン・レッドソックスと言えば、この映画!


●二番目のキス
 ピーター&ボビー・ファレリー監督 主演 ドリュー・バリモア

    二番目のキス

≪あらすじ≫
 リンジー(ドリュー・バリモア)は、バリバリのキャリアウーマン。
そんな彼女に一目惚れしたのは、高校の人気数学教師のベン(ジミー・ファロン)。
彼女は、優しく裏表のないベンの人柄に感動し、交際を始めるが、
周囲の友達は「そんなイイ男が、今まで独身なのは怪しい!」と彼女に警告する。
(この友達連中が、またいい味出してます^^♪)
そんな友達の心配をよそに、二人の仲はますます親密になっていく。

その日が来るまでは...

その日とは...

メジャーリーグの開幕である!
ベンは熱狂的なボストン・レッドソックスのファンだった!

大好きなベンのため、リンジーは今まで興味のなかった野球の世界へ足を踏み入れることに...
野球観戦に行っても、明らかに自分一人が浮いてしまっていることに気づき、
ボストン・レッドソックスについて猛勉強をはじめる。
そんな彼女の努力も実り、ベンとの交際は順調のように見えた。

しかし、彼女はバリバリのキャリアウーマン。
そのうち、お互いの考えにずれが生じ始める。
何よりもレッドソックスを優先するベンに、リンジーは不安を覚えていく...
「結婚してからも、こんな風にレッドソックス戦ばかり優先されてしまうのでは...」
パーティーに招待されても、レッドソックス戦があれば、一人で行かないといけないのだ。

そう、どんなことがあっても、レッドソックスが存在する限り一番にはなれないのだ!

そんなこと、一生は耐えられない...

そして、彼女の出した答えは...



「メリーに首ったけ」の監督が手掛けただけあって、とってもおもしろかったです♡
そして、今やラブコメには欠かせない存在となったドリュー・バリモア。
おもしろくない筈がありません!
ラブストーリーですが、それと同時にレッドソックスの歴史も学べるので、男の人でも楽しめるような作品になっています。

ぜひお試しあれ!


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

00:41  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tm0517.blog26.fc2.com/tb.php/24-decb3c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。