05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/21(Sat)

トリコロールに燃えて

今日は久々に映画のお話です♪

ちょっと前に見た映画ですが、心に残ったものの一つを紹介します。

●トリコロールに燃えて
 ジョン・ダイガン監督 出演 シャーリーズ・セロン、スチュアート・タウンゼント、ペネロペ・クルス
 トリコロールに燃えて

 あらすじは、私のボキャブラリーで説明するにはちょっと難しいので、他から引用させてもらいました(^^;

≪あらすじ≫
1933年のある日、イギリスの貧しい学生ガイ(スチュアート・タウンゼント)は上流階級の美しい娘ギルダ(シャーリーズ・セロン)と出会い、一夜を共にする。
だが、彼女はガイの求愛を受け止めることなく、新たな人生を求めて単身パリへ旅立って行った。

そして3年後、ギルダからの手紙に導かれてパリに降り立ったガイは彼女と再会。
しかし、カメラマンとして華やかな生活を送るギルダは、パトロンとの関係を止めようとはしなかった。
彼女は、14歳の時に占い師から、「あなたの34歳以降の人生が見えない」と告げられたことが脳裏から離れず、とにかく生き急いでいた。
そんな彼女の本当の願いは、スペインの内戦を逃れてきた友人ミア(ペネロペ・クルス)、ガイの3人で暮らすこと。
そして、3人は同居を始め、戦争の現実に背を向け享楽的な日々を送る…。

しかし、台頭するナチスの勢力は次第に彼らの生活に影を落とし始める。
ガイとミアは、いつまでたっても快楽主義的な生活を追い求めるギルダを残し、
内戦の激化するスペインに渡る。

月日が流れ、世界は遂に戦争に突入していった。
そして、レジスタンス活動のためにナチス占領下のパリに舞い戻ったガイが見たのは、
ドイツ将校に寄り添い街を歩くギルダの姿だった。
相変わらず、自分の幸せだけを追い求めているかに見えるギルダ。
しかし、戦争の荒波は彼女の人生、そして彼女自身をも大きく変えていたのだった。

この映画、よかったです(TДT)
個人的にシャーリーズ・セロンが好きなせいもあるかもしれないけど、
シャーリーズ・セロン演じるギルダの戦争に背を向けて、懸命に生きる姿がせつなかった。

私のおすすめ作品の一つです(^-^)b

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

22:53  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

ブログみたよ~★おしえてくれてありがとう♪
ひさしぶりにayaneちゃんを見れて懐かしくて嬉しくて、早島に戻りたくなってしまった・・
話したいことがいっぱいあってここでは書ききれません・・コストコのことなど家が近かったら会って話せるのに・・・くすん・・私もブログを新築日記として開設したけど1ヶ月もちませんでした。。アドレスを教えられるようなものでもなく・・・4月になったらみんなに教えられるようにがんばるね!
may eve | 2009.03.22(日) 18:45 | URL | コメント編集

●久しぶり!

v-160may eveさん
ご訪問ありがとうv-411
元気にしてるv-236
ayaも落合IC付近を通る度、「mayちゃん、元気かな...」と呟いています。
なかなか会えないけど、また実家に帰りがてら遊びにおいでv-392
ゆっくり、いろんなこと話そv-238
white | 2009.03.22(日) 20:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://tm0517.blog26.fc2.com/tb.php/21-865f9710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。